2016年05月22日

ひかり電話で3番号以上を使うには

おそろしく久しぶりの投稿は、google先生に聞いても情報がほぼ無くて自分が困ったので、RT-400NEでひかり電話のマイナンバー使っての3番号目を使う方法を。

RT-400NEもそうですが、NTTのひかり電話ルータはアナログは2回線しかないので、3番号目以上はSIP対応のIP電話機じゃなきゃいけないんですよね。 というわけで登場するのがGrandstream NetworksのVoIPアダプタ。 ウチの場合は1回線だけ追加だったのでHandyTone 701を導入。LAN接続に無線LANコンバータ使ってますが、今のところ問題なく使えてます。ちなみにこちら、技適も通ってますので安心して使えます。

で、基本的な設定はある程度情報があると思うんで割愛。

肝は「FXS PORT」の「Support SIP Instance ID」を「No」にすること。

以上。

ここ以降はここに至る顛末なので読み飛ばし推奨(笑

続きを読む
posted by nariki at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

Fragment + ViewPager 使用時の不具合について

FragmentとViewPagerを使った画面構成の勉強中なのですが、onPause()をオーバーライドしてもいないのにonPause()で強制終了していて、先日軽くハマったので備忘録としてエントリーにしておこうと思います。
続きはこちらから
posted by nariki at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

Contact Picker v1.2.1 公開

バグレポートがいくつか上がっていたのですが、そのうち2つほどに対応できたと思います。

こちらからどーぞ

Contact Picker

posted by nariki at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

Contact Picker v1.2.0 公開

v1.1.3 で住所も選択出来るようにしてたのに加えて、GWの余暇時間を使ってメイン画面をダイアログ表示ではなくして、メイン画面からメニューボタンを押して設定画面に行けるようにしたのをやっと公開。

一度チェックを入れた項目がチェックを外しても入力されてしまっていたバグもFixしました。

こちらからどーぞ

Contact Picker

posted by nariki at 03:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

Contact Picker v1.1.0 公開

複数選択時の区切り文字を選べるようにしました。

アプリ単体起動で設定画面です。

こちらからどーぞ

Contact Picker

posted by nariki at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

Contact Picker 公開

Androidアプリを初めて公開しました。

Simeji用Mushroomアプリです。

連絡先リストから名前・メールアドレス・電話番号を選択して入力することができます。

Simeji純正のContact Pickerが HTC Desire (x06ht) だと上手く動かないので、勉強がてら作ってみました。
というわけでAndroid OS 2.1以上専用です。

こちらからどーぞ

Contact Picker

posted by nariki at 13:11| Comment(0) | TrackBack(1) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

Android Market デベロッパー登録

してみました。

参考にしたのはこのサイト

突然消失するかもしれないブログ - Android Marketのユーザ登録開始&登録方法(1)

電話番号はケータイでも大丈夫とのこと。ただし、頭の 0 を取って +81 (日本の国番号ですね) をつけて登録して下さい、だそうな。

しずくくんのAndroidでゲームプログラミングしてみたいなblog - Android Marketの登録方法

25$(U.S.)かかりましたけど、まぁ、なんかしらで取り返せるまでなんかしらしましょうかね、ということで。

posted by nariki at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

PLANEX ポケットルータ GW-MF54G2

無線環境を構築していたわけですが、
どうも上手く行かなくてどーしたもんかなと思っていたところ
こいつがちょうど目的にあってるってことが分かったので
早速ヨドバシで買ってきてみました。

# 正確には以前にも検討してたんですが、3つのモードのどれも
# 期待する動作にはならないと思って候補から外してました。

FON のルータの方が、安かったりダブルSSID(?)に対応してたりで良かったんですが
いかんせんうちのプロバイダが FON 利用を許可していないようなので、こちらを。

# Amazonの方が 500 円くらい安いっすね(汗

レビューや口コミでは、かなりの発熱だとか取説が不親切だとか言われてますが
二日間連続稼動でそんなに熱くはなってません。

取説はたしかにちょっと内容薄いですね。
まぁ、このブログにたどり着いたようなタイプの人たちならそんなに問題じゃないと思います。

ブラウザでルータの設定ページが開けさえすれば
後は画面の構成から大体把握できると思いますよ。

現状、ルータ兼サーバ配下の LAN 側 HUB に AP モードで接続してますが、
DS の wifi ネットワーク接続も、EeePC から Windows 共有ネットワークも問題なく見えてます。

ネットワーク構成的にはこんな感じ

               +--------------------+          +- 有線LAN
Internet - eth0(ppp0)  鯖兼ルータ  eth1 - HUB -+
               +--------------------+          +- GW-MF54G2 - 無線LAN

※有線LAN・無線LANは同一サブネットになってます。

比較対象ってことで FON のもリンク貼っときますね。

posted by nariki at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

USB無線LAN導入 ドライバインストール編

使ったのは I-O DATA WN-G54/USL 。
チップは zd1211b とのこと。

vine4.2にはrpmも用意されてますが、WN-G54/USLは動作未確認とかの理由で対応してくれてません。

ということで、srpmを拾ってrebuildしてやりました。

手順は以下の通り。
  1. srpmを拾ってきます。
    $ apt-get source zd1211
    パッケージリストを読みこんでいます... 完了
    依存情報ツリーを作成しています... 完了
    452kB のソースアーカイブを取得します。
    取得:1 http://updates.vinelinux.org 4.2/i386/plus zd1211 2.22.0.0-2vl4 (srpm) [452kB]
    452kB を 0s 秒で取得しました (1332kB/s)
       1:zd1211                 ########################################### [100%]
  2. srpmを ~/rpm/SRPM に置きます。※rpmをユーザ権限で作れる環境が出来ているのが前提です。
  3. ソースを取り出します。
    $ rpm -i zd1211-2.22.0.0-2vl4.src.rpm
       1:zd1211                 ########################################### [100%]
    こんな感じ↓にソース類が展開されます。
    ~/rpm/SOURCES/ZD1211LnxDrv_2_22_0_0.tar.gz
                  zd1211-install-path.patch
                  zd1211-WLI-U2-KG54L.patch
          SPECS/zd1211.spec
  4. tar玉を展開して、WN-G54/USL用のパッチを作成します。
    $ tar xvzf ZD1211LnxDrv_2_22_0_0.tar.gz
    ZD1211LnxDrv_2_22_0_0/src/zdusb.c の usb_device_id に 以下のように WN-G54/USL 用のを追加して、diffでパッチを取ります。
         { USB_DEVICE(0x04BB, 0x0938) }, // Add, 2008.12.02 I-O DATA WN-G54/USL
    # diff -c ZD1211LnxDrv_2_22_0_0/src/zdusb.c.org ZD1211LLnxDrv_2_22_0_0s/src/zdusb.c > zd1211-WN-G54-USL.patch
    作ったパッチは rpm/SOURCES に置きましょう。
  5. specファイルを修正して、patchが当たるようにします。
    <前略>
    Source0:        ZD1211LnxDrv_2_22_0_0.tar.gz
    Patch0:         zd1211-install-path.patch
    Patch10:        zd1211-WLI-U2-KG54L.patch
    Patch20:        zd1211-WN-G54-USL.patch
    <中略>
    %patch0 -p1 -b .install-path
    %patch10 -p1 -b .WLI-U2-KG54L
    %patch20 -p1 -b .WN-G54-USL
    <後略>
    Patch20/patch20 の行が追加した行。 このまま rebuild するとバイナリファイルが元のと同じ名前になってしまうので、それがヤなときは先頭のほうにある
    %define rel     2%{_dist_release}
    この行の 2 を 3 とかにしとくといいです。
  6. リビルドします。 -ba オプションで rpm と srpm 両方を作っておきました。
    $ rpm -ba zd1211.spec
    これで、rpm/SRPMS に srpm 、 rpm/RPMS/i386 に rpm が出来上がります。
  7. インストールします。 root でどーぞ。
    # rpm -ivh kernel-module-zd1211-2.22.0.0_2.6.16_76.39vl4-3vl4.i386.rpm 
    準備中...                   ########################################### [100%]
       1:kernel-module-zd1211   ########################################### [100%]
posted by nariki at 12:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 自宅サーバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

Bluetoothマウス

買ってみました。

楽天で。

Bluetoothレーザーマウス/レーザー式でラクラク!(Windows2000/xp/vista対応)


2,980円だってさ。

安くなってますね(´・ω・`)

買った時点ではあんまり説明もなかった&届いた箱には取扱説明書もなく、試行錯誤でペアリングしたわけですが、いつのまにか使い方が書いてるし。

使用感としては、クリックがちょっと重いかな。
大きさはモバイル用途向けと思われ、指先でホールドする形でしか使えない感じ。
あとは、ドデーンっと書かれてるbluetoothのロゴの見栄えが、、、

ま、この価格でBluetoothマウスが手に入るなら買いだと思いますよ。
posted by nariki at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。